年齢によって転職時に考えるべきポイント

最近は、終身雇用でしっかり企業に守ってもらうというより、スキルや働き方がマッチするところを探して何度も転職することが普通になってきました。

とはいえ、日本ではまだまだ転職に対する視線が厳しいのも事実です。若いうちに転職を繰り返すと我慢が足りない、年齢を重ねての転職は融通がきかないなど否定的な評価を受けてしまいます。短期間の転職は、キャリアを磨けないこともありますので、転職をする時に何を重視するかも大事です。まず、社会に出て働くことで、学生の頃には得られなかったことを知りながら、自分自身の可能性を掘り下げていきます。この先生きていくに当たって、自分は社会の中でどう働くことが納得のいくスタイルになりえるかを、見極める必要があります。以前は転職についてマイナスイメージがありましたが、現在は変わってきているので、積極的に転職しても問題ないでしょう。30代以降になると、それまで培った経験やノウハウを活かした仕事に転職すると良いでしょう。この年代に求められるのは即戦力ですから、まったくの素人分野を転職先に選んでスキルアップを図ろうとしても採用される確率は低くなります。30代を過ぎてから転職活動を成功させたい場合は、今までの能力をどう活かして自己PRを行うかが大事になります。一見すると経験のないジャンルでも、これまで社会人として働いてきた内容に基づいて対応できるような仕事を選び、自分の力はどう使えるのかを常にイメージすることが重要になってきます。経験を積み、能力を磨いて、自分の可能性を広げられる職場を求めての転職をすることで、働きがいのある環境を手に入れることが可能になります。
キアラオーガニック